『壁』   長文です

2013.02.08 Friday

0
     


    つい先日まで雪もおさまり、落ち着いてきたな〜と思ったら



    今日また荒れ模様で真冬に逆戻りですね。。 さぶっ!!









    今日は『壁』について書いてみたいと思います。








    今までの約10年、店長や経営者としてのスタッフ教育や ボクのこれまでの美容人生や



    g.D.C、現在はR.idというカットスクールの講師をさせてもらって経験した感想です。








    美容師って接客業でもあるけど、やっぱし技術職でもあるんですね。



    この事実は、どうにもこうにも変えようがない!



    どっちにウェイトを置いてるとか、お店の形態や、うんぬんは抜きにしても、やっぱ『技術』がないと



    仕事にならないのも事実!



    いっくらデザインのアイデアがあっても表現する『術』が乏しいとデザインも萎む。。



    いっくら『接客』『会話』などの能力があっても技術がないといずれ頭打ちになる時がくると思うし。。






    兎に角、ぼくら美容師は常に『技術』ってモノと常に対になって生きてく職種です。




    あ!接客もすんごい大事ですよ!



    ボクも、それなりにがんばってますw








    でも今回は、その『技術』を教え伝えていった経験からのお話し。












    やっぱスタッフや受講生といっても実に様々な人がいます。



    飲み込みが早い人。遅い人。



    質問が多い人。ほぼない人。



    宿題をいっぱいやってくる人。やってこない人。



    センスがある人。センスが残念ながらない人。



    努力する人。しない人。



    etc.....



    数え上げれば、いっぱいあるし 人によっての個性やタイプもあるんで



    この辺は一旦とっぱらってw






    上手くなる人。なかなか上手くならない人。



    の!



    ボクが思う、ひとつ大きな『壁』が、あると思ってるんです。









    ちなみにカットに関してはボクの師匠である吉田氏が最近、書いてる



    Hair Cut 右手の法則



    っていうブログを書いてるので興味がある方は是非ご覧になってみてください!



    虎視眈々とブログ村トップを狙ってる様子なのでw



    おもしろい!って思った方は是非ポチッとお願いします。








    吉田氏もカットが上手くなる為の順位表を作り解説してますが
             ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



    「カットが上手くなる為に必要な事の順位表」


    1 絶対に上手くなりたい!という気持ち

    2 正しい情報 

    3 正しい姿勢「フォーム」 (近々ブログにて詳細公開予定)

    4 礼節を重んじる事
     (近々ブログにて詳細公開予定)

    5 環境
     (近々ブログにて詳細公開予定)

    6 素質
    (近々ブログにて詳細公開予定)









    ボクが今回、書こうとしてるのは例えばカットを教わる。。



    その他の技術を教わる。。。



    際に出てくる心の『壁』です。



    いろいろ種類はありますが



    例えば、思ったように出来ない事を認めたくない気持ちや



    今までやってきた事への自負



    など、いろいろありますが



    その中の大半は様々な理由でのプライドです!



    ボク自身がプライドが高いのでよ〜く分かるんですw







    こんな事がありました。



    ボクがg.D.Cのベーシックコースを3回目。



    正確に言うと吉田氏にベーシックコースを習うのが3回目だったんです。



    その頃、吉田氏は独立をされてて 別々の店。



    それまでは同じ会社で教えてもらってました。まだまだ教わる姿勢に甘えがあったのも事実。。



    まだボクがglam:UNITED WORKSで働かせてもらう前の話。







    当時、ボクは『もう自分の中でカットはほぼ出来る!』くらいに思ってた甘ちゃんでした。



    若かったしねw 変なプライドで鼻っ柱が高い!高い!



    で、当時勤めてた店に中村っつう元気の良い伸び盛りの後輩が



    「何やら吉田さんの講習が前より良い感じらしい!」と、言って参加するって言うんですよ。



    当時、店長もしてたボクは もちろんスタッフの教育担当もしてたし そんな中....



    もし!中村の方が上手くなっちゃったら?って気持ちもあって焦ってボクも参加する事にしました(笑)


    動悸は、そんなもんでした。。負けず嫌いも手伝って。。。



    で、最初のワンレンとセイムレイヤーは何回もやってるんで免除してもらい



    初参加がレイヤーボブっていうスタイル、テクニックのお勉強だったんです。








    (吉田さんの作品)





    こういうヤツ。



    ボク、これ何十体って切ったんです。 でも、ちゃんと分かってなくてw
    (基本、不器用でバカなのでw)



    それでも、例のプライドでボクの鼻は高々状態。



    そんな中、吉田氏のデモンストレーションが始まったんです。。



    ボクは「吉田さん、、どんくらいできんの〜〜〜?オレよりできんの〜〜?」って腕組みしながら偉そうに見てたんです。



    だって何十体って切った自負があるから。








    でも、切り始めると




    『え!?』っと、なった














    更に切り進んでいくと!



    『ええ!!?』と、なり

















    終盤にさしかかる頃には




    えええええ〜〜〜〜!!!!!』ってなっちゃってたwww












    気づいた時にはボクの腕組みは解かれ 誰よりも前で前のめりになって見てて




    ただただ吸収しようとしてた。。








    だって何十体って切って分からなかったモノが目の前で理路整然と。



    分かりやすい解説付きで行われてるんですもん!(教え方もレベルアップしてたし)




    隆々としてた鼻っ柱は音を立てて折れてった。。w









    その瞬間に認め、決めたんです。



    •出来ない自分を認め



    •吉田さんを認め



    •プライドを捨てて素直に教わろう




    と。





    プライドで作ってた成長する為に不必要な『壁』を、あっさりと捨て



    いくらでも吸収するスポンジの様になり吉田さんのデモンストレーションに食いつき頭の中に焼き付けた。




    こっからでしたね! 自分でも成長できたな〜って思えたのは。










    だからって、こういうのは他人に無理強いするもんじゃないと思うんです。



    人それぞれだし。環境や状況なんかも人それぞれ。



    しかも、教える側に そういう能力 インパクトがないといけないと思うし!



    なので、いつも その辺は意識してます。






    でも、成長したい時に もし、そういう『壁』があるなら早めにとっぱらう事をオススメは、します。



    時には勇気をもって認める事も必要かと。



    認めないと始まんないと思うし。










    現在、山形クラスを受講してくれてるギブさんこと秋田の佐々木さんが



    ちょうど良く、いいブログを書いてくれてたんで晒させてもらいますw
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    ウィークポイント


    ほんと自分で気づくって事が大事だな!って思わせてくれます。







    現在、ワンレンをやってる山形クラスもレベルが上がってきました!





    具志さん作






    田苗さん作






    多分、コレを見て弘前クラスの方々もメラメラしてる人もおられるはずw


    アドバンスもあるんで引き続き頑張っていきましょうね!










    今年、夏頃から弘前2期も考えているので



    もしR.id(カットスクール)に興味をもってくれる理美容師の方がいましたら



    フェイスブックにボク、いますんでお気軽に申請してくださいw
    ↓↓↓↓↓
    藤田 洋介


    それか、店にTELしてくれてもOKですし 0172-55-0875


    お店のPCの riff@krc.biglobe.ne.jp にメールくれても結構ですw



    よろしくお願いします!!